グローバルパーソン ー 食事編

 

以前、外国の人達との、

食事について書きましたが、、、

今日も同じく食事に関して書きたいと思います。。。
 
 
ほんの小話ですが、
このブログのタイトルでもある、
グローバルパーソンとはなんぞや??と、、
考えさせられた話です。。
 
 
 
以前、仲の良い外国人(アメリカ人)の友達と2人でランチに行った時の話、、
 
 
僕達は、秋刀魚の塩焼き定食を注文。
オーダーが運ばれてくるまで、
他愛のない話で盛り上がるのはいつものこと。。
 
 
しばらくして、
もうそれはそれは美味しそうな秋刀魚が運ばれてきて、
僕も彼も思わず『おぉーっっっっ!!』。。。
 
 
"いただきます"を互いに済まし、、
僕のお箸が秋刀魚に対し一直線に向かって行った時でした。。。
 
 
急に彼が "ちょっと待った!!!!" とばかりに、
大きな手をこちらに突き出して、
僕を制止します。。
 
 
彼のいつになく真面目な表情。。
(何かを思いつめているかのような表情、、、)
 
 
"どうしたんだ⁉︎ 直前の話の中で、何か気に障ることでも言ってしまったか!!??"と、
動揺する僕。。
 
 
すると彼は、
サッとテープル隅の醤油を手に取り、
大根おろしに華麗に垂らし、
そしてドヤ顔。。。
(おいおい〜、まさか君は醤油を垂らさないで、
 秋刀魚をお召し上がりになるのかい⁇ とでも言いたげです 笑)
 
 
"あ〜何か気まずい雰囲気にならないでよかった"と、
胸をなでおろし、、、
楽しく食事タイム♫
 
 
綺麗に割った割り箸を、
これまた華麗に使いこなし、、
キレイに秋刀魚を頂く彼の横で。。。
 
 
敗北感を感じながらも、、
手を使いながら秋刀魚と格闘する僕 苦笑。。。
 
 
しまいにはお味噌汁をすすり、
まるでCM撮影のように、
『あ〜っ』とか言ってるし、、、 笑
 
 
もちろん、
定食に付いているお漬物を、
"ボリボリ" と聞き入っちゃうくらいの、
お手本のような音を聞かせてくれます 笑♫。。
 
食後にお茶を飲み干し、
華麗な手つきでお勘定の紙を手に取り、
僕に "さあ、いこうか" と目配りをして、
レジに向かいます。。
 
 
お勘定後に、
レジ横の爪楊枝をもらうことも忘れません。。笑
 
 
自らが生まれ育った国を出て、、
異国の文化をまるで自分の国の文化のように受け入れてしまっている、、
この彼のような人こそ、
僕が思う、グローバルパーソンなのかなと思いました。。
 
 
実際に "日本食が食べたい" と
そのお店を選んだのも彼であり、
秋刀魚定食も彼のチョイスです。
 
 
日本食屋さんを自ら選び、
実際、美味しそう食べている彼を見て、
僕まで嬉しくさせてくれます。
 
 
自分意見をしっかり主張する一方で、
ちゃんとその国を受け入れることも忘れないその姿勢、、
あ〜その感じうまく説明はできないけど、
グローバルパーソンだな〜。。
 
 
ちなみにお店を出た後、
彼は『あのお店、大根おろしが少ないよお〜』と愚痴っていたとか、いないとか笑
 
 
色々と日本人の視点から、
書かせてもらいましたが、
 
 
反対に外国の方々の意見も是非聞きたいものです。。
 
 
もしこのブログを読んでくれている、
外国の方がいましたら、
あなた視点のコメントをお聞かせください〜。
あなたにとって、グローバルパーソンとは??
 
 
Hi, guys.
Thank you for reading thos blog:)
If you have any problem ( Japanese culture that is hard to accept, misunderstanding..etc) when you work with Japanese peer , pls tell me.
 
And what do you think about, what ability or skills should person have to live in a foreign country?
 
What is the important thing to succeed around the world??
 
Pls leave your comment here!!
Thanks:)
 
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする