主張する人、しない人、できない人

 

組織の中で働いていると、、

 

 

 

下記の3つのグループに人は分けられると感じています。。。

 

 

 

 

 

 

 

1.主張する人

 

 

 

 

 

 

 

2.主張しない人

 

 

 

 

 

 

 

3.主張できない人

 

 

 

 

 

 

です。。

 

 

 

 

 

一つずつ説明すると、、、

 

 

 

 

 

1:主張する人

 

👉常に組織全体の弱点・駄目な部分の根元を見つけ出す為、

常に独自のアンテナを使って察知し、それを周りに発信することで、

リスクを取り、チャレンジしようとする人。。。

つまり、現状をぶっ壊すことを覚悟し、もがく人

 

 

 

 

2:主張しない人

 

👉上記人間のように、独自アンテナで察知はするものの、

リスクを取ることと現状の環境でスマートにやりくりすることを天秤に掛け、

現状維持を選択する人。。。

つまり、与えられた環境で最大限に自分自信を活かす人

 

 

 

 

3:主張できない人

 

👉上記2:主張できない人と考え方は同じであるが、

異なる部分として、現環境でスマートにやりこなすことができていない人。

又は、そもそも何も組織の抱える問題に気づけていない人

つまり、与えられた環境で自分を活かすことができない、又はただ組織の一部分として存在してる人。。。

 

 

 

 

 

 

職場を見渡していて、日本人同士を上記3つの人に 分けることができますが、

他の国の人と日本人を比べると上記3つのグループに分けた中で、

なお、1:主張する者グループがいくつかの層に分類できます。。。

 

 

 

 

 

これは非常に興味深いです。。。

 

 

 

 

 

皆さんはどのグループでしょうか??、、、、

 

 

 

Peace!!

 

 

広告を非表示にする