主張する人、しない人、できない人 <宴会篇>

 
昨日の続きになりますが、、
 
 
 
 
 

こないだ会社の宴会がありました。

 
 
 
 
 
宴会の間いろいろと観察していたのですが、、、
 
 
 
 
 
 
 
興味深いことに主張するメンバーグループ、しないグループ、できないグループに
分かれて各グループ盛り上がっていました。。
 
 
 
 
 
 
 
特に主張する人と、しない人は宴会開始時の自分の席を早々離脱し、
思い思いのグループに入っていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
一方、できない人の中には、
たまたま自分の席の近くであるグループが盛り上がっている中に
とりあえず混ざっておこうというスタンスに見受けられる人もいました。。
 
 
 
 
 
 
日本の慣習からすれば、、、
 
 
 
 
 
 
 
たまたま席が近い人たちが集まった、
つまり、価値観が異なる者同士でも、
とりあえずお互いの共通話題を探し出し、
無難に乗り越えようとする人も多いと思いますが、、、
 
 
 
 
 
 
 
一部の日本人はもちろんのこと、
 
 
 
 
 
 
 
同時に一部の外国人、、
 
 
 
 
 
 
 
彼らの行動は明らかに上記の人たちと異なります。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾杯を終えると同時に、
直ぐに席をたち、目をギョロギョロさせながら、
自分と同じ匂いのするメンバーで集まり始めるのです。。。笑
 

f:id:freeandeasyguys:20160205230119j:plain

 
 
もう、本能と言って良いのではないでしょうか、、、
 
 
 
 
 
 
彼らは自分自身を場所関係なく、
ベロンベロンにさらけだして、
自分の考えを真っ向からぶつけてきます。。
 
 
 
 
 
 
主張する派グループの話題は、
いかに現状抱える問題やしがらみを、
ぶっ壊してやるか、、どう突き破っていくか、、、
 
 
 
 
 
 
主張しない派は、
いかに既存の環境下で、
スマートに、かつ効率的に物事を回していくか、、、
 
 
 
 
 
 
 
 
個人的な考えでは、、、
強い組織作りにはこの両者の存在が重要だと感じます。。。
 
 
 
 
 
ふっと頭に昔聞いた、
パレートの法則というキーワードが頭をよぎりました、、、、
 
 
 
 
 
 
うん、やはり組織には上記の2グループは必要だな。。。
 
 
 
 
 
 
 
どちらかのグループが優れているとか重要だとかではなく、
 
 
 
 
 
 
両者の存在が次から次に変わっていく時代に必要なのかな〜。。。
 
 
 
 
 
 
組織を新しい方向に導こうとする人たちと、、
 
 
 
 
 
 
その新しく定まった方向をぶれないように維持する人たち、、、
 
 
 
 
 
 
 
これから宴会は上記グループを意識して、
それぞれの熱い議論に耳を傾けてみようっと🎵
 
 
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする