GIVE & TAKE

 

 

 

"Give & Take"

  

この言葉、、

色んなシチュエーションで存在しますよね。。。

 

よく当てはめられるところでは。。。

人間関係。 

組織と個人の関係など。。

 

まだまだつきつめていけば、 、

いっぱいあてはまる関係がありますよね。。。 

 

Give & Take 。。。

『最小限 の” Give ”で、フォーカスした” Take ”』

と僕は心がけています。。

以下、僕の考えを少しだけ書かせてください。

 

そもそも、フォーカスした“Take” とは??

 

先ず “Take” に関して言えば、、

 

例えば留学生であれば、、

語学力や海外就業経験等ですかね。。。

会社員であれば、、

お給料や、経験、スキルといったところではないでしょうか。。

 

つまり、

求めている物を得る!!ですね。

 

この” Take ”の対象を決めるのはその人の自由ですが、、

 

ぼんやりとした対象ではなく、、

『しっかりと照準を合わせる』ことが重要です。。

 

そういった理由から、

フォーカスという表現をしています。。

 

それでは、、

最小限 の” Give ” とは??

 

先ず、ここでいう『最小限』とは、、

  • 的が ガチッ!! と当てはまっている。 
  • 費やす時間を 最低限 にする。 

です。。

 

そして”Give” は 『実行』 です。。 

 

まとめると、、、

 

費やす時間は 最低限、

的が ガチッ!! と当てはまった行動をした結果、

求める物を得る。。。

 

以上が僕の考える、

"Give & Take" です。。

f:id:freeandeasyguys:20160213022654p:plain

 以下に、もう少し掘り下げて書かせてもらいます。。

できればもう少々お付き合いください。。。笑

 

ずは、”Take” をフォーカスする為のカギについて、

僕なりの考えを。。。

 

 

👉 "Take" を得る対象が語学力や興味がある物、趣味等のいわゆる自己投資の場合、、、

 

 自己投資するからには、

そこにはもちろん理由ありきです。。。

  

ただ、単に”英語が話せるようになる”とか、

”ネイティブのようにペラペラになる”ではなく、

以前僕が書いたように、しっかりと最終点を決める事は必要です。

 

 同じ留学生でも、語学を学ぶ目的は異なるので、

各自の最終ゴールはそれぞれ違って当然だと思います。。。

 

freeandeasyguys.hatenablog.com

 

ただ漠然と〇〇ができるようにとか、、、

その道で活躍している人を目指す、、、

ではダメです!! 

 

自身の最終目標を定め、

実現にはどうなっておかなければならず、、

その為に発生する課題を一つずつ把握すること。。。

  

落とし込みが大事です!!

 

 

👉" Take "を得る対象が仕事の場合、、、

 

 何か問題を抱えている人であれば、

それは問題の解決となるのでしょうし、

お給料UPが対象となっている人もいるでしょう。。

  

ただ考えて欲しいのですが、、

問題の解決の場合、解決の為の仮説を立て、

論理的に掘り下げて問題の根底部分を探し出すプロセス。。

  

つまり、、

そのプロセス。。他の問題であっても応用できるようにする、

その『スキル』こそが " Take" 対象とすべきではないでしょうか。。。

  

お給料UPが対象であれば、、

上から求められる為の結果を、

導き出すまでのプロセスを導き出す。。

  

それを常にいかなる上司から結果を求められても、

応用が利く『スキル』ではないでしょうか。。。 

 

 どちらにしても『スキル』 ということになりますが、、

ただその内容は異なります。。

   

こちらも落とし込みが大事です!! 

   

に僕なりの " Give " の考えかたを、

書かせてください。。

 

上で " Give " について行動と書きましたが、、

補足説明させてください。。

 

👉Take に費やした時間      エネルギー =  " 行動 " 

 

"Give" で重要なことは、、

この ”行動” を最小化ことです。

 

つまり、上記の式からわかるように、、

<時間をかけない、エネルギー量を減らす> ことですね。。。

ただ、時間は速めることはもちろん、

遅らせることもできません。。

 

よって、、、

 エネルギー量を減らす方に注視します。

 

エネルギーを抑えるには、、、

最短ルートで、無駄な行動を避けることですよね。。

 

これについては、、

順序的に" Take "の対象が既にフォーカスされているので、

本質までの最短ルートは導き出せそうです。。

 

カギは、

フォーカスした "Take" に関する情報を集めることです。

 

その道で成功を収めた人の本とか、、

インターネット等で情報 を収集します。。。

 

千人の知恵の拝借が最短ルート形成への Key です。。

 

以上、、

僕の考える、”Give & Take” でした。。

長々と失礼いたしました。。。。

 

皆さん楽しい週末を〜🎵

 

Peace!!

広告を非表示にする